スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macの不要ファイルを削除して空き領域を増やす方法
Mon.04.02.2013 Posted in Utility
1 comments 0 trackbacks
今のMacBook Airになってからそろそろ2年。。
気が付けば120GBあった領域も残り11GB・・・

今回はMagicanというアプリを使ってMacのメンテをしてみました。
Magicanは不要ファイルの削除やアプリのアンインストール、
ウィルススキャンなどを行なってくれる万能ツール。

まずはダウンロードとインストール。
ダウンロードはこちら→ダウンロード


起動して「クイックスキャン」ボタンを押すと左上に不要ファイルの容量が表示される。
更に不要ファイルの容量をクリックすると詳細が表示。

ホーム画面

スキャン後

スキャンMB押下後

不要言語削除


「結果...」ボタンをクリックするとファイルが表示されるので不要なファイルにチェックを入れて
ゴミ箱アイコンをクリックすると削除される。

これでかなりの領域が確保されるはず。

各ファイルの詳細はまた今度。
消していいかわからない場合は消さない方が良いでしょう!


この記事は役立ちましたか?
役立ちましたら、合図のボタンを押して頂けると幸いです。
(拍手・いいね・ツイートでも何でも^^)
関連記事

Theme: Mac « コンピュータ

« Macで拡張子「.sea」ファイルの解凍 | Home | Macでアプリケーションの起動にショートカットを割り当てる »

comments

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。