スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macでjava開発 eclipseのインストール・日本語化
Thu.04.10.2012 Posted in development
0 comments 0 trackbacks
Macにjava開発環境のEclipseをインストールしてみます。

○eclipseのインストール
Macでjavaの開発をするためにEclipseをインストールしてみます。
まずはEclipseをダウンロードしましょう!
http://eclipse.org/downloads/

いろいろパッケージがありますが今回は「Eclipse IDE for Java EE Developers(64Bit)」を使用します。
パッケージの違いは同梱されているプラグインが違うだけです。
後から追加可能ですのでここではあまり悩まずに選びます。

詳しく知りたい方は以下を参照して下さい。
http://www.eclipse.org/downloads/packages/compare-packages

ダウンロードフォルダに保存した「eclipse-jee-juno-SR1-macosx-cocoa-x86_64.tar」を解凍します。
eclipseフォルダが出来るのでフォルダごとアプリケーションフォルダまたは任意の場所に格納しましょう。
eclipseフォルダの直下にあるEclipse.appをダブルクリックで起動します。
Workspace Lancherが開いてworkspaceの場所を聞かれますが
特に理由がない限りそのままの設定で問題ないでしょう!

○eclipseの日本語化

URLのPleiades ダウンロードの「1.3.4」リンクを
クリックしpleiades_1.3.4.zipというファイルをダウンロードします。

http://mergedoc.sourceforge.jp

解凍すると「pleiades」というフォルダができます。
使用するのは「plugins」「features」です。
先ほどアプリケーションフォルダに格納したeclipseフォルダの
以下の場所に「plugins」「features」をフォルダごとコピーします。
eclipse/dropins/

Eclipse.appを右クリックし「パケージ内容を表示」、
/Contents/MacOS/eclipse.iniファイルに以下の一行を追加します。

-javaagent:../../../dropins/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

Eclipse.appを起動してみましょう!
日本語化されましたか?
以上でeclipseの日本語化は終了です。


関連記事

Theme: Mac « コンピュータ

« MacでEclipse + Tomcatのインストール・設定 | Home | iPhone・iPadのSafariでGoogle翻訳 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。