スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacでWIndowsを動かすソフトVirtualBox
Mon.08.10.2012 Posted in MAc OS Tips
0 comments 0 trackbacks
VirtualBoxとは
Macを使用しながらWindowsを同時に使用できる
無料の仮想化ソフトVirtualBoxの使い方を紹介します。
仮想化ソフトと聞くと何やら難しそうですが、
要はWindowsをMacの1ソフトの用に使えるのです。

DOSやWindows 3.x、95、98、
ME、2000、XP、Vista、7 やLinuxを動かすことが可能です。
 ※別途OSは用意する必要があります。
その他UNIX(CentOSなど)もインストール可能です。

またVirtualBoxはMac OS 10.5以上が必要で、
Window Vista以上を動かしたいのであればメモリも
4GB以上が必要です。
もちろんHDもWindowsの容量分必要です。

設定方法VirtualBox編
①まずはこちらのリンクより「VirtualBox 4.2.1 for OS X hosts」を
リンクhttps://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
ダウンロードしてVirtualBoxをインストールします。
②VirtualBoxのインストールが成功したらアプリを起動して、
次にWindowsをインストールしていきます。

設定方法Windows
今回はWindows XPをインストールしてみます。
Oracle VM VirtualBox マネージャーを起動
新規ボタン>続ける
名前:好きな名前(例えばWINXP)
 ※スペースや記号、日本語は避けた方が良いです。
オペレーティングシステム:MicrosoftWindows
バージョン:Windows XP
>続ける
メモリは自分のPCに見合ったサイズを割当ます。
今回は2048MBにしてみました。
>続ける
起動ディスクにチェック
新規ハードディスク作成にチェック
>続ける
DVI
>続ける
Fixed sizeにチェック
Dinamically allocatedにするとWindowsの使用容量によって
サイズが可変します。
容量が勝手大きくなるので私はあまり好きではありません。
>続ける
場所:変更なし
サイズ:自分のPCにあった容量を割り当てます。(今回は15GB)
>続ける>Create
インジケーターが出るので完了までしばらくお待ち下さい。
>Create
追加された「WINXP」をダブルクリック>続ける
メディアソース:変更なし
>続ける
WindowsのインストールCD-ROMを入れて起動ボタン

Windowsのインストール
Windowsのインストールはキーボード選択、フォーマットタイプ以外は基本デフォルトでOK。
キーボードの選択では半角/全角ボタンはないので「Sキー」を押す。
次に106を選択。
フォーマットタイプはNTFSで良いでしょう。


この記事は役立ちましたか?
役立ちましたら、合図のボタンを押して頂けると幸いです。
(拍手・いいね・ツイートでも何でも^^)
スポンサーサイト

Theme: Mac « コンピュータ

NEXT PAGE »

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。